M65

M-65フィールドジャケット(M-65 Field Jacket)は、アメリカ軍によって用いられた戦闘服で野外用ジャケット。

1965年に正式採用されたことから、M-65フィールドジャケットと呼ばれている。

初期のものはラベルに「COAT, MAN'S, FIELD, M-65」の表記があったが、 後に「M-65」の表記が無くなり、代わりに「COLD WEATHER」の文字が追加された。 他には「〜WITH HOOD NYLON COTTON SATEEN OG 107」と併記されているものもある。

最終的には「COAT, MAN'S COLD WEATHER,FIELD〜」(寒冷地用外套)となり、 アメリカ軍の装備品では単なるジャケットというより防寒仕様のコートという 位置づけであると思われる。裾の長さは、各々のサイズ毎にX-Short、Short、 Regular、Longの4種類がある(ただしL,X-LサイズにはX-Shortの設定は無い)。

本モデルは第二次世界大戦中に使用されたM-41やM-43、M-50、M-51フィール ドジャケットの後継として開発され、1990年代の終わりにデザートパターンの 軍への納入が完了するまで実に40年以上にわたってアメリカ軍の現用モデルであり続けた。

M-43の洗練されたジャケットスタイルと、M-51のライナー統合システムを継承した M65のデザインは他のモデルにも強い影響を与え、アメリカ軍のみならず、NATOなど 周辺国の軍用の衣類でも 類似するデザインを採用している例が多くある。アメリカ軍がこれまでに採用したミリタリー アイテム中で傑作の一つと言われている。主にアメリカ軍によって用いられたが、 南ベトナム軍や韓国軍などアメリカの支援する国々の兵士達にも少数ながら支給され 着用された例がある。

1980年頃から採用されたBDU(Battle Dress Uniforms)が 2008年までにアメリカ軍の装備がACU(Army Combat Uniform)に 完全移行されるのに合わせ、近年ではゴアテックスなどの新素材で 作られたECWCS(Extended Cold Weather Clothing System)パーカー などの新モデルが採用され、1990年前後に M-65のアメリカ軍へ正式な納入は完了している。 しかし、ゴアテックス製品は非常に高価で、 部隊内で支給されるものだけは不足しがちである。 そのため比較的入手しやすい価格帯のM65は いまだに多くの基地内のPXなどで現在でも販売されており、 隊員が私物として使用を続けている場合もある。 官給品ではないものの、最新型のACU迷彩パターンもある。

現場の兵士達の間ではゴアテックス素材のもつ 撥水性、保温性、放湿性、軽量性は歓迎されているものの 繰り返し洗濯を繰り返した場合の長期的な耐久性は 旧素材のほうが高いという意見や、厚く頑丈な生地で 作られていたM65には作業をする際に身体を保護することができ、 簡単な破損であれば比較的容易に修理が可能なことから、 長年使用され続けてきたM65が現役を退いたことを惜しむ声も根強くある。


ミリタリージャケット ミリタリージャケット図鑑


| 軍服

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。